トップ > 保護者の方々のお便り > 全国から寄せられた新しいお便り

全国から寄せられた新しいお便り

作品よりも、この顔が一番の名作

覚王山プレイルーム
保護者会員 大熊 佳子 様
小学生クラス 大熊 佑奈ちゃん(10歳)
幼児クラス  大熊 悠生くん(6歳)

覚王山プレイルーム 覚王山プレイルーム

いつも子どもたちが楽しく通っている覚王山プレイルーム。息子は、3歳で親子クラスから、娘は小学1年生からで3年以上お世話になっています。
お家では到底用意することが出来ない大量の積木で塔や街など作ったり。作るだけでなく、一気に倒したりすることは、間違いなくマンション住まいの我が家ではさせてあげられない経験です。汚さないでね等と小言を言われることなく、手指どころか、髪の毛や足も絵の具だらけになって思う存分に描く作品に、親も使用したことないような石膏など本格的な材料や道具を使っての造形の数々。お料理ならお家でも出来ると思いきや、我が家では作らないような生春巻きとか大根餅とか。それに何よりも、お家での「お手伝い」として参加する料理とは全然違うと思います。
いつも刺激的でわくわく夢中になれる内容を用意してくださっていて、毎回お迎えに行くと、見てみて!とやりきってスッキリした自信溢れる笑顔で披露してくれる子どもたちの様子。どんなに素晴らしく出来上がった作品よりも、もうこの顔が一番の名作だと思っています。先生方は、いつも傑作を生みだして下さいます。
そんな素敵なアトリエに生き生きと通う子どもたちが羨ましくてたまらない私には、とても後悔していることがあります。今さら言っても後悔先に立たずなのですが、どうしてもっと早くアトリエの門を叩かなかったのかということです。私がアトリエの存在を知ったのは、娘が1歳の時でした。とても良さそうなところだなと思ったものの、当時の私は、初めての育児に四苦八苦、それに家事と仕事の両立に必死な日々だったので、プラスして習い事に通うことなど、到底無理だと諦めていて、体験にすら一歩を踏み出せませんでした。時間にも心にも全く余裕がなかったのです。
それから時は流れ、息子の育児休暇中に、今しかないと思い切って体験の申し込みをしてみました。娘は、既に4歳年中になっていました。元々こういう活動が好きな娘でしたので、体験の日もとても楽しんでいましたし、勝田先生のお話を伺い、やはり素敵なところだなと思いましたが、教室の空きと都合が合わず入会を見送りました。
その後、今度は息子と1歳児講座に参加しましたが、間もなく仕事復帰予定の時期だったので、まずは保育園に慣れてからの方が良いだろうと息子の入会も見送ることにしたのでした。
しかし、私の心の中にはずっとアトリエの存在があり、いつかはいつかはと思っていました。初めてその存在を知ってから6年間も温め続けて、満を持しての入会の時は、ついに!と私が感無量でした。子どもたちの為にと言いつつも実のところ、私自身が通いたくて仕方なかったのです。ですが、残された息子と親子で通える期間は1年もありませんでした。もっと早く、初めて知った時すぐに、娘と一緒に親子から通っていれば…と激しく後悔したものです。そんな私ですが、貴重な名古屋での和久先生の講座や、時々開催される大人アトリエに参加させて頂き、存分に楽しませて頂いています。昨年は、初めて夫も参加し、家族全員でお世話になりました。
そんな子どもたちも大人も大好きなアトリエの存在をひと際大きく感じたのは、昨年の緊急事態宣言によるアトリエ休室期間でした。幼稚園も休園、小学校も休校、不要不急の外出はしないようにとのことで。でも、子どもたちのお外遊びくらいはと思うものの、公園の遊具も使用禁止になっていたり、屋外でも密にならないようにと言われたりして、のびのびとは言い難い状況でした。
大人も子どもも未曾有の事態にどう対処したら良いのか戸惑い不安な日々が続く、そんな中、おうちアトリエのキットを用意してくださった先生方。最初にご連絡を頂いた時は、家ではいつものアトリエの醍醐味が味わえないし、どうなのだろうなと正直不安に思っていたのですが、子どもたちは諸手を挙げて賛成、大喜び!
実際に参加すると、画面越しではあっても、いつもの先生とのやりとり、お友達の活動する姿や作品も見ることが出来て、おうちでアトリエの雰囲気が醸し出されました。
家で姉弟二人だけで過ごす工作やお絵かきの時間とは全くの別物でした。今までに培ってきた先生との信頼関係、吟味して用意して下さったおうちアトリエキットの内容あってこそですが、家で楽しく活動する時間が、先の見えない不安や窮屈で鬱々としていた状況を明るく照らしてくれました。おうちアトリエも存分に満喫しましたが、やはりアトリエが再開された時の喜びは、本当に大きかったです。
コロナ禍での新しい様式でも、いつもとびきりわくわくする貴重な体験を、思いっきりさせて頂けることに心から感謝しております。改めてお礼を申し上げたいと思います。そして、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

もっとお便りをご覧になりたい方へ
全国の「和久洋三のわくわく創造アトリエ」から寄せられた新しいお便りはこちらです

<全国から寄せられた新しいお便り>の関連ページです

和久洋三のわくわく創造アトリエに関するご質問・お問合せは
下のボタンをクリックすると、全国の「和久洋三のわくわく創造アトリエ」一覧が表示されます。ささいなご質問から詳しいご相談まで、お気軽にお問合せください。