遊びや造形活動で創造力を開発する「わくわく創造アトリエ」

トップ > アトリエの活動内容 > 活動の流れ

活動の流れ

プレイルームで行われる活動の一例

アトリエでは毎回「かたちとつながり」をテーマに活動しています

球、円柱、四角柱、三角柱、点線面…、これら「かたち」に沿った活動の一部<球の活動>をご紹介します。
次の例では「ボール(球)」と「お花畑」を一連のキーワードにして、すべての行程に「つながり」をもたせています。複数の活動にしぜんな流れを持たせているので、子供たちは無理なく集中して活動に取り組むことができます。
(テーマについて詳しくは「アトリエ活動の目的」をご覧下さい)

@ごあいさつ〜導入(絵本) まずはみんなでごあいさつ。この日は活動テーマに適した絵本を読みました。

Aボール転がし 次にたくさんの柔らかな<ママボール>を流して、ボールが跳ねたり転がる動きを楽しみました。

Bカラーボール流し 続いて雨樋の坂道から<カラーボール>を転がします。拾いに行って、また流して…。

C色つきビーズ流し <カラーボール>に満足したら、次はシーツを敷いた坂道の上に絵の具をつけた<ビーズ>流し。転がっていく軌跡が線となって不思議な模様が生まれます。

D描画活動 模様がついたシーツに、今度は筆を使ってさらに色付けしていきました。

E作品鑑賞 真っ白だったシーツに素敵な模様が生まれ、出来上がった作品をみんなで鑑賞しました。

F作品完成 「鯉のぼりにしたい!」
作品を見ていた子供達からそんな声が上がりました。みんなで最後の仕上げをして、作品の完成です。

おやつの時間

作品が完成したら、おやつの時間です。自分達がつくった作品を眺めたり、お友達やお父さん・お母さんとお話ししたり。おやつを食べる子供達はみんな満足そうな表情です。次は何をするのかな?楽しみだね!

<活動の流れ>の関連ページです

わくわく創造アトリエに関するご質問・お問合せは
下のボタンをクリックすると、全国のわくわく創造アトリエ一覧が表示されます。
ささいなご質問から詳しいご相談まで、お気軽にお問合せください。