遊びや造形活動で創造力を開発するアトリエ

トップ > 保護者の方々のお便り > 横浜港北プレイルーム/会員様のお便り

横浜港北プレイルーム/会員様のお便り

心ときめく体験
横浜港北プレイルーム
保護者会員 多和田 花織 様
親子コピカ 多和田 真都 くん(3歳)
横浜港北プレイルーム

三歳になったばかりの息子と親子で参加させていただいています。
息子に心ときめく遊びを沢山体験させてあげたい。人それぞれときめくものは違うだろうけど、全身泥まみれになって遊んだり、自然にあるもので何かを夢中で作ったり…でも実際にやるには難しく、自分の遊ばせられる範囲で毎日公園へ行ったり園庭を開放している保育園に連れて行ったりしていました。
アトリエは我が家の向かいにあります。
息子が入れる月齢になり、何をしているところなのかインターネットで検索をしていた時に和久さんが本を出していることを知り何冊か読みました。
その中で私が夢中になった本が「トークトゥトーク 育つ喜び育てる楽しさ」。幼少時代の思い出話をしているのですが、そのトークに自分も参加しているような楽しい感覚になりました。普段読書はしないのに三日で読み終えてしまうほど不思議と文字が入ってきました。
子供の遊ぶものを自分でデザインし作ってしまうほど子供も、遊ぶ物も大切!っと想っている方が運営しているアトリエ、それがうちの目の前に幸運にもあるなら連れて行こうと思ったのが体験に行くきっかけでした。
今年の春まで息子は最年少。
入った当時は単語が喋れる程度でしたが、今ではトーマスが大好きなおしゃべり男子に成長しました。通い始めてもう一年になります。
体験の時は紙粘土に触るのも、絵の具が手につくのも嫌がったのに、今では両手にたっぷり絵の具をつけて喜んでいます。
普段家では全然やらない積み木。
アトリエでも上に高くは積まないし積んでは壊し積んでは壊しの繰り返しを楽しんでいました。
周りでは個性豊かに積まれた素敵な作品が続々と完成に近づいているのに、残念なことにうちの周りだけいつまで経っても沢山の積み木が崩れていました。
先生が「おいで!ここに積み木を沢山並べてトーマスが走る線路を作ろう!」と提案すると息子は真剣な表情で積み木を横いっぱいに並べはじめ、線路が出来たら、一つの積み木を「トーマス!」と線路の上を走らせて遊びはじめました。
先生は崩すのが好きな時期なんですねっなんて言いながら息子の好きな方法にシフトして別の楽しさを提案してくださり感動しました!作っては崩されの繰り返しで少しがっかりしていた私も別の形で参加できたことが嬉しかったです。
しばらく通ったある日、うちで「ママ見て〜」っと指差す先に積み木が横一列に並んでいて、その上にも積み木が一列に立っていました。
その作品、よく見てみると先頭にはガチャガチャでゲットした小さなトーマスがいて、トーマスの後ろに並ぶ積み木は貨車と荷物になっていたのです。
アトリエで活動中に似たシチュエーションがあったような…積み木で息子なりにアトリエで遊んだことを再現をして遊んでいるのかもしれません。
最近は創作活動に積極的な息子。
いつも少しやるくらいで後は私が作っていたのに、今では一緒にやろうとすると怒られます。
アトリエでふと感じられる息子の成長と目の輝きを、感情を、隣で見守ってやれるのもあと一年。
心ときめく体験を沢山思い出に重ねて欲しいです。息子の幼少時代が楽しい記憶でいっぱいになりますように。
先生、いつも楽しい時間を過ごさせてくれてありがとうございます。
まだ手がかかる息子ですが、これからも宜しくお願いします。

もっとお便りをご覧になりたい方へ
「和久洋三のわくわく創造アトリエ/横浜港北プレイルーム」会員様のお便り

<横浜港北プレイルーム 過去のお便り>の関連ページです

和久洋三のわくわく創造アトリエに関するご質問・お問合せは
下のボタンをクリックすると、全国の「和久洋三のわくわく創造アトリエ」一覧が表示されます。ささいなご質問から詳しいご相談まで、お気軽にお問合せください。