遊びや造形活動で創造力を開発するアトリエ

トップ > 保護者の方々のお便り > 吉祥寺プレイルーム/会員様のお便り

※相模原プレイルームは吉祥寺プレイルームに統合されました。
このページでは相模原プレイルーム会員様のお便りを掲載しています

相模原プレイルーム/会員様のお便り

元気をくれる童具
相模原プレイルーム
保護者会員 N 様 寄稿

 いつものようにネットで育児の悩みや疑問を調べていたら、いつのまにか童具館のwebサイトにたどり着き、それがアトリエに通うきっかけになりました。
ちょうど、クリエイティブな習い事を子供にさせたい!と夫が話していた矢先でなんともタイムリーな出会いでした。
早速プレイルームの親子クラスの体験に行ってみることに。体験では積み木と造形活動をやりましたが、驚きと楽しい!の連続でした。
小さい八つしかないケルンブロックでお話が次々に展開していく様は魔法の手品でも見ているような気分でした。このアトリエに出会ってなければ、こんな積木の使い方は知らないままだった!とショックを受けました。
その後waku-blockで建物を作りましたが、手に吸い付くような感触で、キッチリ積めて、しかもなぜか高さや幅があうように出来ていて、すぐに「うまいことできている積木」だとわかりました。
ママボールやビーズが出てきたときは、遊び方はもちろんですが雨樋を使ったその片付け方に目を奪われました。自分が子供の頃にやっていたら無我夢中で遊んでいただろうなと思います。
娘は絵の具が楽しかったようで、手が汚れるのも厭わずとにかく目の前の絵の具に集中し、手でぐちゃぐちゃにして自分の洋服にベッタベッタ塗って楽しんでいた様子。他の子の作品を見て、興奮してとても刺激を受けていました。
しかし積木は走り回って何もせず。興味の有無がかなり明白にでた体験でした(このあたりの興味の有無は未だにアトリエでも家でも継続中です)。これは、楽しい!絶対行こう!と、いま相模原プレイルームにお世話になっています。
さて、通い始めて早くも二年になろうとしています。アトリエは楽しいようですが、なぜか「きょう、おせんべいの先生のとこ、いくの?」 と、花より団子状態であるものの、元々の好奇心旺盛にくわえて家事手伝い大好き、絵本大好き、基本的に何でも積極的にやりたがる、知りたがる子になりました。先生方の見守りの賜物だと思います。
家ではよく積木で遊んでいます。鞄や袋に詰め込んでプレゼントしてくれたり…。ただ、ドールハウスがあるせいか、女児だからなのか、ままごとが多く、上に高く積むような建て方をなかなかしません。私も活動内容を思い出しながら作ったりするのですがどうもうまくできません。
そんなときは父親の出番です。やはり立体をつくるのはどうやら夫の方が断然うまい様子。なんだか悔しいので私も負けじと積み始めたら、そこには子どもよりも夢中になる自分がいました。正直、アトリエでも積み木のときは娘よりも自分が楽しんで夢中になっている有様です。
楽しく活動する一方、私は作品展で和久先生の講演を聴いたり著書を読んで、その中にやったらいけない事や気にしている事など思い当たるフシがいくつもあってドキッとする日々でした。
ある日、「もっと積木をうまく積める方法は無いだろうか」「なんでこんな単純な形ばかりなのに子供は喜ぶんだろう」など疑問がわきました。
そこで思い切って、今年度の童具子育て夏季集中講座に参加しました。刺激的で脳と体が汗をかき、童具の様々な使い方を知り、エネルギーを非常に使う四日間でした。アトリエの活動は楽しいものだと改めて実感しました。
さて、疑問の答えは見つかったのか?というと一応見つかりました。
積木は絶対量が足りていないせいではないか?ということ。単純な形ばかりなのに楽しいのは、複雑なリアス式海岸もよく見ると単純なものの繰り返し(昔読んだ複雑系の本に書いてあった)、つまり、複雑なものの前に単純なものでたっぷり遊ぶ段階なのかなと思いました。単純だからこそ見立て次第で何にでも変身するという理由もありそうです。
様々な発見があった夏季集中講座。実は和久先生と話しているうちに自分の自信の無さに気づかされました。親は子供のことを信じてドンと構えていれば良い、そういわれたものの、わかっているのに出来ない、怖い、逃げたい自分。
ところが不思議な事に童具で夢中になって活動していると、自分は出来るぞ!という自信が逆にどんどん湧いてきたのです。元気をくれる童具。わくわくをくれる童具。きっと娘も、これを繰り返して逞しく成長していくのでしょう。
さて、親子コピカもあと残すところあとわずか。名残惜しいですが、娘の新たなステージへの出発でもあります。今後はどんな世界を作品にしてくれるのか四月から楽しみです。
おせんべいの立松先生、真衣先生これからもよろしくお願いします。

もっとお便りをご覧になりたい方へ
「和久洋三のわくわく創造アトリエ/吉祥寺プレイルーム」会員様のお便り

<吉祥寺プレイルーム 過去のお便り>の関連ページです

和久洋三のわくわく創造アトリエに関するご質問・お問合せは
下のボタンをクリックすると、全国の「和久洋三のわくわく創造アトリエ」一覧が表示されます。ささいなご質問から詳しいご相談まで、お気軽にお問合せください。